動画

トンガの通信遮断 被害の詳細つかめず

16日、ニュージーランド北部のマリーナで、トンガ沖の海底火山噴火後に押し寄せた津波で沈んだ船を調べる人々(AP)
16日、ニュージーランド北部のマリーナで、トンガ沖の海底火山噴火後に押し寄せた津波で沈んだ船を調べる人々(AP)

【シンガポール=森浩】海底火山が噴火した南太平洋の島国トンガでは、発生から一夜が明けた16日になっても現地の状況がつかみにくい状態が続いた。噴火後、国内では大規模な停電が発生し、国際通信の大部分が遮断。会員制交流サイト(SNS)には津波が住宅に押し寄せる様子が投稿されているが、被害の詳細は分かっていない。

15日に噴火したのは首都ヌクアロファの北方約65キロにあるフンガトンガ・フンガハアパイ火山。噴煙は高さ約20キロまで上昇し、半径約240キロに拡散した。噴火の衝撃波は米アラスカ州にも到達したという。

ニュージーランドのアーダン首相は16日の会見で、現地との通信の結果として、「ヌクアロファは火山灰に覆われているが、それ以外の状況は落ち着いている」と述べた。アーダン氏によると、公式に負傷者や死亡者の情報はないという。

ロイター通信などによると、トンガ国内では津波によって商店や港の船舶などが損壊。停電でインターネットや国際電話などのデータが通る海底ケーブルに影響が出ているもようだ。また降灰で飲料水の確保が課題になっているという。

太平洋に面する各国では津波警報が発令され、太平洋津波センターによると、ヌクアロファがあるトンガタプ島では80センチの津波が観測された。南太平洋のバヌアツに1・4メートル、米カリフォルニア州やアラスカ州、南米チリなどに1メートルを超える津波が到達した。

会員限定記事会員サービス詳細