菅田将暉「Mr.サンデー」に初出演 宮根誠司と関西弁トーク炸裂

宮根誠司の話に大笑いする菅田将暉(C)フジテレビ/カンテレ
宮根誠司の話に大笑いする菅田将暉(C)フジテレビ/カンテレ

高視聴率でスタートした月9ドラマ「ミステリと言う勿れ」(月曜後9・0、フジテレビ系)に主演する菅田将暉(28)が、16日放送の「Mr.サンデー」(日曜後10・0)に初出演する。

人気俳優の素顔に斬り込むのは、MCの宮根誠司。あらゆるキャラクターになりきる変幻自在の演技力について「一体どこから役に入っていくのか」と宮根。答えは意外なものだった。

「美容室で役が始まっていく」

ドラマの主人公・久能整(ととのう)のトレードマークであるポップコーンパーマを地毛でトライするこだわりを明かす。

役者の原点として上京後の苦労やエピソードも聞いていく。仮面ライダー役だった当時のせりふを今も覚えており、大阪出身の菅田にとっては「めちゃくちゃ恥ずかしい」体験があったという。

また、サインを欲しいといつも出待ちする一ファンとの出来事も。事態は思わぬ展開を見せることになる。

同局の宮下佐紀子プロデューサーは「月9が新感覚のミステリードラマとして非常に高い評価を得るなか、宮根さんとの初対談が実現。初対面とは思えない意気投合っぷりで、菅田さんの意外な一面が次々と明らかになった。ハイスピードの関西弁トーク、必見です」と話している。

(産経デジタル)