兵庫の田中は1区 福士は青森のアンカー 都道府県女子駅伝

福士加代子
福士加代子

第40回全国都道府県対抗女子駅伝(たけびしスタジアム京都発着=9区間、42・195キロ)が16日に行われる。昨年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止となり、2年ぶりの開催となる。

兵庫は東京五輪1500メートル8位入賞の田中希実(豊田自動織機TC)が1区を担う。一昨年優勝の京都は東京五輪1万メートル代表の安藤友香(ワコール)をアンカーに起用。群馬は1万メートルで日本歴代2位の記録を持つ不破聖衣来(拓大)が4区を走る。30日の大阪ハーフマラソンを最後に引退する福士加代子(ワコール)は青森のアンカーを務める。

15日は京都市内で監督会議が開かれ、京都の渡部博子監督は「いつも通り優勝を目指す」と意気込んだ。