オリ宮城、山本に対抗心 タイトル獲得期す

自主トレを公開したオリックス・宮城大弥=オセアンバファローズスタジアム舞洲(撮影・水島啓輔)
自主トレを公開したオリックス・宮城大弥=オセアンバファローズスタジアム舞洲(撮影・水島啓輔)

昨季13勝(4敗)を挙げてパ・リーグの新人王に輝いたオリックスの宮城大弥(ひろや)投手が15日、大阪市内の球団施設で練習を公開した。昨季はチームのエース、山本由伸投手が独占した主要タイトルを奪うことを今季の目標に掲げ「(最優秀)防御率を取れたら。いろんなタイトルを取って、物を言える人になりたい」と対抗心を燃やした。

高校出2年目の昨季に急成長を遂げ、山本に続く先発の柱として25年ぶりのリーグ優勝に貢献した20歳のサウスポー。オフは課題としていたスタミナの強化に取り組んでいるそうで「調子の関係なしに中6日でずっと回っていくのが一番」と自覚を口にした。

この日はランニングやキャッチボールなどで汗を流した。年末年始は地元の沖縄で過ごし、成人式にも参加したといい「いい報告ができた。頑張ってよかった」と笑顔で語った。