49歳葛西が3位、内藤V HTB杯ジャンプ

【第49回HTBカップスキージャンプ競技大会ラージヒル】 3位の葛西紀明の1本目。大会の最長不倒を記録した=15日、札幌市中央区の大倉山ジャンプ競技場(彦野公太朗撮影)
【第49回HTBカップスキージャンプ競技大会ラージヒル】 3位の葛西紀明の1本目。大会の最長不倒を記録した=15日、札幌市中央区の大倉山ジャンプ競技場(彦野公太朗撮影)

ノルディックスキーのHTB杯ジャンプ大会は15日、札幌市の大倉山ジャンプ競技場(ヒルサイズ=HS137メートル)で行われ、男子で49歳の葛西紀明(土屋ホーム)が合計251・1点で3位に入った。1回目に143メートルの最長不倒をマークして首位に立ったが、2回目は129・5メートルにとどまって順位を落とした。

1回目3位の内藤智文(古河市協会)が2回目に141・5メートルを飛び、271・9点で逆転優勝。岩佐勇研(東京美装)が2位だった。女子は17歳の葛西春香(北海道・東海大札幌高)が130・5メートル、119・5メートルの183・8点で制した。