ノーカット動画

「日の丸を背負い誇り」 体操内村、現役引退会見

引退会見に臨む内村航平 =14日午前、東京都品川区(川口良介撮影)
引退会見に臨む内村航平 =14日午前、東京都品川区(川口良介撮影)

体操ニッポン男子のエースとして活躍し、個人総合で2012年ロンドン、16年リオデジャネイロ両五輪金メダリストの内村航平(33)=ジョイカル=が14日、東京都内のホテルで引退記者会見に臨み「ああ、引退するんだなという感じで、実感は今のところない。やれるならいつまでもやっていたい」と語った。3月12日に東京体育館で引退試合を予定しており「最後、全身痛い体にむちを打って、6種目やろうと思っている」と意気込んだ。

昨年10月に出生地の北九州市で行われた世界選手権前に「今後、本気で選手としてやっていくのは難しいと思って決断した」と経緯を説明した。3歳で始めた競技人生は約30年。「選手生活の半分、日の丸を背負ってやってこられたのは誇り」と話した。

引退会見に臨む内村航平 =14日午前、東京都品川区(川口良介撮影)
引退会見に臨む内村航平 =14日午前、東京都品川区(川口良介撮影)
引退会見に臨む内村航平 =14日午前、東京都品川区(川口良介撮影)
引退会見に臨む内村航平 =14日午前、東京都品川区(川口良介撮影)
会見場を後にする内村航平 =14日午前、東京都品川区(川口良介撮影)
会見場を後にする内村航平 =14日午前、東京都品川区(川口良介撮影)