カルティエの時計窃盗疑い 女逮捕、実行犯勧誘役か 警視庁

警視庁=東京都千代田区
警視庁=東京都千代田区

東京・吉祥寺の時計店で有名ブランド「カルティエ」などの腕時計24点(販売価格計約1234万円)を盗んだとして、警視庁捜査3課は14日までに、窃盗と建造物侵入の疑いで、岐阜県多治見市京町の職業不詳、杉本智代容疑者(39)を逮捕した。

捜査3課によると、杉本容疑者は窃盗の実行犯らを勧誘する役割だったとみられ、ツイッターで「稼げるバイトあります」などと投稿。同課は杉本容疑者が計20~30人ほどを窃盗グループに紹介し、そのたびに数万円の報酬を受け取ったとみている。「新型コロナウイルスの影響で夫や自分の仕事がなくなり、生活費に困っていた」と供述している。

逮捕容疑は、すでに窃盗容疑などで逮捕されている男(26)らと共謀して昨年5月18日未明、東京都武蔵野市吉祥寺本町にある時計店の窓ガラスを割って店内に入り、時計を盗んだ疑い。