速報

速報

共通テスト不正 受験生出頭

NY株反落、176ドル安 FRBの早期利上げ警戒

ニューヨーク証券取引所(ロイター)
ニューヨーク証券取引所(ロイター)

13日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反落し、前日比176・70ドル安の3万6113・62ドルで取引を終えた。米連邦準備制度理事会(FRB)による早期利上げへの警戒感が強まり、リスク回避の売りが優勢となった。

朝方は米主要企業の四半期決算への期待から買いが先行。その後、FRB関係者から金融引き締めに積極的な発言が相次いだため、金利上昇時に割高感が意識されやすいIT株に売りが広がり、マイナス圏に沈んだ。

ハイテク株主体のナスダック総合指数も反落し、381・58ポイント安の1万4806・81。

個別銘柄では、ITのマイクロソフトやアップルの下げが目立った。小売りのウォルグリーンズ・ブーツ・アライアンスは上げた。(共同)