首相、将来的にコロナを新分類とする可能性示唆

官邸に入る岸田文雄首相=13日午前、首相官邸(矢島康弘撮影)
官邸に入る岸田文雄首相=13日午前、首相官邸(矢島康弘撮影)

岸田文雄首相は13日のTBS番組で、新型コロナウイルスの感染症法上の位置づけについて「新型コロナは普通の感染症と比べ、変異の度合いが激しい特色がある。『機動的に対応できる仕組みを考えたらどうか』という専門家もいる」と述べ、将来的に現在の「2類相当」を改め、新たな分類を設ける可能性を示唆した。

ただ、「感染が急拡大している段階なので、分類を今判断するのは適切ではない」とも語り、当面は季節性インフルエンザ相当の「5類」などに引き下げない考えも重ねて示した。