国連グテレス事務総長 北京冬季五輪開会式出席の意向

グテレス事務総長(ロイター)
グテレス事務総長(ロイター)

国連のグテレス事務総長は13日の会見で、2月の北京冬季五輪について「オリンピックは人々を一つにまとめ、平和を促進するスポーツの役割を象徴するイベントだ」と述べ、開会式に出席する意向を示した。

北京五輪に関しては、米国や英国などが、中国による新疆ウイグル自治区や香港などでの人権弾圧を背景に、政府代表を派遣しない「外交的ボイコット」を決めている。グテレス氏は自らの開会式への出席について「オリンピックは非常に重要だ。政治的な側面は抜きにして、世界の平和のための道具でなければならない」と正当性を主張した。

ドゥジャリク事務総長報道官は昨年12月、グテレス氏に宛てた開会式の招待状が国際オリンピック委員会(IOC)から届いたと公表し、前任者を含め「事務総長の出席は慣例になっている」と説明していた。(ニューヨーク 平田雄介)