ミサイルは400キロ先の北朝鮮東岸に落下 防衛相

岸信夫防衛相
岸信夫防衛相

岸信夫防衛相は14日、北朝鮮が同日発射した弾道ミサイルについて、内陸部から東方向へ発射された少なくとも1発であり、「通常軌道であれば約400キロ程度飛翔し、落下したのは北朝鮮の東岸付近」との推定を明らかにした。防衛省で記者団に述べた。

岸氏によれば、北朝鮮は14日午後2時50分ごろ、北朝鮮北西部の内陸から弾道ミサイルを発射し、最高高度は通常より低い約50キロ程度だった。日本の排他的経済水域(EEZ)の外側に落下したと推定される。ミサイルの種類や飛翔速度などは分析中。日本の航空機や船舶などへの被害は確認されていない。

北朝鮮のミサイル発射は今年に入って3回目。岸氏は「北朝鮮による弾道ミサイルなどの度重なる発射は、わが国を含む国際社会にとって深刻な課題。関連する国連安全保障理事会決議に違反するもので、強く非難する」と述べ、北朝鮮に対し、北京の大使館ルートを通じて抗議したことも明らかにした。