内村、引退理由は「世界一の練習を積めなくなったこと」

会見に臨む内村航平=14日午前、東京都品川区(川口良介撮影)
会見に臨む内村航平=14日午前、東京都品川区(川口良介撮影)

体操日本の男子エースとして2012年ロンドン、16年リオデジャネイロ両五輪で個人総合を連覇した内村航平(33)=ジョイカル=が14日、東京都内のホテルで引退会見を行い、引退を決めた経緯を明かした。

栄光のキャリアに終止符を打つ決断は、昨年夏の東京五輪で無念の予選落ちを喫した後、同10月の世界選手権に向かう途中で下したという。「日本代表選手として世界一の練習を積めなくなったこと」が理由だった。

内村らしい引き際の悟り方だったといえる。日体大1年の時、日本人最多となる8個の五輪金メダルを持つ体操界の大先輩、加藤沢男さんに、「世界一になる選手は世界一練習をしている」と声をかけられて以来、何より大事にしてきたのが練習だったからだ。

リオデジャネイロ五輪以降、長年酷使してきた体は悲鳴を上げていた。だが、痛みよりも精神的な部分が大きかった。

「このままだと先が見えないな、と。気持ちで(世界一の練習まで)上げて行くのが難しくなったのが大きい。五輪が終わった後は(進退は)半々だったけど、世界選手権までの2、3カ月でこれだけしんどいのに、(パリ五輪まで)あと3年は100%無理だなと感じた」

今月、33歳になった。すでに何度も限界を乗り越えてきた。比較的すんなり引退に踏み切れたという。

「特別な感じはそこまでない。重くも、すっきりとも捉えていない。現役引退の定義は試合に出ない、競技者じゃなくなるということだと思ったので、引退表明をしないと、世の中も、自分も、はっきりしない」と、けじめを付けた。(宝田将志)