21年の企業物価、伸び率過去最大 12月8・5%上昇 原材料高と円安影響

日本銀行本店の外観=東京都中央区
日本銀行本店の外観=東京都中央区

日銀が14日発表した昨年12月の国内企業物価指数(平成27年平均=100、速報)は、前年同月比8・5%上昇の108・7だった。21年の年間を通した指数は前年比4・8%上昇の105・1で、比較可能な昭和56年以降最大の伸び率だった。原材料価格の高騰と円安が影響し、記録的な高水準が続いている。

12月の伸び率は過去最大だった昨年11月に次いで2番目の大きさ。10カ月連続で前年水準を上回った。

原油や原材料価格の上昇に加え、円安で輸入品が幅広く値上がりしたことが指数を押し上げた。企業の仕入れ費用がかさむため、消費者への販売価格に転嫁されて家計の負担増につながる可能性がある。価格転嫁が進まなければ企業業績が圧迫される恐れもある。