中国工作員が「政治介入」 英議員に献金、MI5警告

英国会議事堂の大時計(ビッグベン)=13日(ロイター)
英国会議事堂の大時計(ビッグベン)=13日(ロイター)

英国内で情報収集活動を担う情報局保安部(MI5)は、中国共産党の工作員の女性が英議員らに対し、献金を通じて「政治的な介入」を行っているとして議会に異例の警告を発した。英メディアが13日報じた。

MI5は女性について、中国共産党で宗教や少数民族政策を担当する中央統一戦線工作部と連携して活動していると指摘。同部が人権問題などをめぐる英政界の対中批判をかわしたり、親中派の勢力伸長を図ったりしようとしていると警戒を促した。

BBC放送などによると、女性は運営する法律事務所を通じ、最大野党労働党のガーディナー下院議員に対して2014~20年に計約42万ポンド(約6500万円)を献金した。ガーディナー氏は13日、献金の事実を公表し、議員事務所で雇っていた女性の息子が辞職したことを明らかにした。

野党自由民主党のデービー党首も献金対象だった。女性の法律事務所は在英中国大使館の仕事も請け負っていた。(共同)