正論

「凪」の先にある危機に備えを 同志社大学教授・村田晃嗣

映画『ドント・ルック・アップ』の一場面(AP)
映画『ドント・ルック・アップ』の一場面(AP)

ネットフリックス映画の教え

ネットフリックスで配信中の、アダム・マッケイ監督の映画『ドント・ルック・アップ』は、アメリカ政治の分断を痛烈に風刺している。

―彗星(すいせい)が地球に衝突し、人類が滅亡する危険のあることを、ある科学者たちが発見する。彼らはこれをホワイトハウスに直訴する。しかし、大統領は中間選挙と支持率、スキャンダル対策にしか興味がない。やがて、大統領らはこの彗星が希少資源の宝庫であることを知り、無謀な資源回収を計画する。科学者らは迫り来る滅亡の危機を警告して「空を見よ!」と呼びかけ、政治家と実業家らは「空を見上げるな!」(ドント・ルック・アップ)と世論に呼びかける―。

同志社大学教授、村田晃嗣氏
同志社大学教授、村田晃嗣氏

映画史上最も醜悪ともいえる大統領を、メリル・ストリープが怪演している。科学の専門知を無視し、グローバルな危機を軽視して、私利私欲に走って世論を操作する。

ランキング

  1. 【石平のChina Watch】「習氏ボイコット」が始まった

  2. 【政解】開会ゼロでも月18万円の手当 「特別委の統廃合」維新以外は動かず

  3. 【産経抄】1月28日

  4. 【主張】ウクライナ危機 日本は米制裁に同調せよ

  5. 【浪速風】大阪国際女子マラソンを前に

  6. 【主張】コロナと社会活動 「待機期間」を6日とせよ ワクチン追加接種に全力を

  7. 【言葉のひと解き】マラソンと五輪 凱旋待つ「自由と民主の防衛戦」

  8. 【正論】危機こそ成長への改革の好機だ 政策研究大学院大学特別教授・大田弘子

  9. 【風を読む】不破聖衣来の快走に 論説副委員長・別府育郎

  10. 【ソロモンの頭巾】長辻象平 新鋭原発・高温ガス炉 「大事故は起き得ない」証明へ