侍ジャパン新ユニホーム、胸番号13年ぶり復活

侍ジャパンの新ユニホーム姿で撮影に応じるヤクルト・村上宗隆(左)と日本ハム・伊藤大海=東京・高輪(斎藤浩一撮影)
侍ジャパンの新ユニホーム姿で撮影に応じるヤクルト・村上宗隆(左)と日本ハム・伊藤大海=東京・高輪(斎藤浩一撮影)

野球日本代表「侍ジャパン」の新ユニホーム発表会見が13日、都内で行われた。昨夏の東京五輪で金メダルを獲得した村上宗隆内野手(ヤクルト)は「すごく軽くて動きやすい印象。来年WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)があるし、もう一度、世界一を目指してがんばりたい」と新たな戦闘服に身を包み、意気込んだ。

白を基調としたホームユニホームは、ストライプに鎌倉時代から侍がまとってきた勝利を象徴する色の「紺」と日本を象徴する「赤」をらせん状に織り込んだ。ビジターユニホームは2006、09年にWBCを2連覇した際のデザインがベース。09年以来、13年ぶりに胸番号が復活する。

仕事の関係先で新型コロナウイルス感染者が出たために会見を欠席した栗山英樹監督は「私も早くこの新ユニホームを着て選手たちと戦えるのを楽しみにしています」とコメントを寄せた。

新ユニホームの〝初陣〟は3月5、6日に東京ドームで開催される「侍ジャパン」と台湾代表の強化試合になる予定。