川をまたぐ「ジャンボ張り子」  和歌山・川湯温泉

和歌山県田辺市の川湯温泉に登場した「ジャンボ張り子」。川をまたいで張られたしめ縄に、トラの張り子などが取り付けられた=12日
和歌山県田辺市の川湯温泉に登場した「ジャンボ張り子」。川をまたいで張られたしめ縄に、トラの張り子などが取り付けられた=12日

和歌山県田辺市の川湯温泉に冬の風物詩「ジャンボ張り子」が登場した。川をまたいで張られた約70メートルのしめ縄には干支にちなんで全長約3メートルのトラの張り子や、「祈コロナ終息」と書かれた将棋の駒の張り子など10体が12日に取り付けられた。2月中旬まで。

江戸時代に始まったとされる行事。張り子は「揚げ物」と呼ばれ、宿泊施設や観光協会が竹ひごの骨組みに紙を張って作った。かつては米俵や野菜をモデルにした張り子が多かったが、最近は干支のほか、五輪など前年に話題となったものが多くなっているという。

和歌山県田辺市の川湯温泉に登場した「ジャンボ張り子」。川をまたいで張られたしめ縄に、「祈コロナ終息」と書かれた将棋の駒の張り子などが取り付けられた=12日
和歌山県田辺市の川湯温泉に登場した「ジャンボ張り子」。川をまたいで張られたしめ縄に、「祈コロナ終息」と書かれた将棋の駒の張り子などが取り付けられた=12日

地元自治会の小渕昇会長(76)は「新型コロナウイルスの第6波が心配だったが、祭りは地域の団結と活性化に必要と考えて実施した」と話した。