吼えろ!! 寅年男・女

国民民主・前原誠司氏「中道保守勢力結集、まず維新と」

国民民主党・前原誠司代表代行(春名中撮影)
国民民主党・前原誠司代表代行(春名中撮影)

野党は今、中道保守の改革勢力を結集させる千載一遇の好機を迎えています。昨年の衆院選では、立憲民主党と共産党の協力に対して厳しい判断が下りました。共産は自衛隊を違憲とし、日米安全保障条約の廃棄を掲げ、「天皇制」についての考え方も全く異なる政党です。その共産と立民が政権奪取後の「限定的な閣外からの協力」で合意して選挙を戦ったことについては、国民が票目当ての協力にすぎないと見透かしていたのでしょう。

これから求められる自民党に代わる政党像は、改革志向でありながらも外交・安全保障政策は現実路線でなければなりません。国民民主党は衆院選で共産とも自民とも戦い、筋を通して議席を伸ばしました。中道保守の改革勢力を結集し、その仲間とともに政権交代を目指すスタートラインに立ったと思っています。

われわれは衆院選後に、立民、国民民主、共産、社民の4党が法案審議などで連携を図るための「野党国会対策委員長会談(野国)」の枠組みから離脱しました。私は中道保守の改革勢力という立ち位置を明確にするため、野国の枠から離れる必要があると考えていましたが、党内には立民との協力関係を維持すべきだという意見もあり、選挙前は(賛否は)半々でした。

ランキング

  1. 日米首脳、香港・ウイグルに「強い懸念」 バイデン氏来日へ

  2. 佐渡金山推薦 木原副長官「引き続き検討」

  3. 新型コロナ、東京1万1227人感染確認 過去最多更新

  4. 自民高市氏「日本の名誉の問題」、佐渡金山の推薦後押し

  5. タレントの高見知佳氏が参院選出馬へ 立民推薦

  6. 韓国「強制連行」論に疑問 佐渡鉱山の待遇「区別なし」の史料

  7. 【論点直言 極超音速ミサイル】北と中国で異なる戦略目的 防衛研究所防衛政策研究室長 高橋杉雄氏

  8. 日米会談「美しいブルーバッジ」 経済政策で意気投合

  9. 佐渡金山推薦見送り「日本自ら招いた事態」 韓国紙報道

  10. 報道番組への資金提供問題「福山前幹事長が当事者、説明を」と立民・泉代表