島根で最多101人感染 原則入院対応を変更

島根県は13日、新型コロナウイルスに101人が感染したと発表した。1日当たりの発表数として過去最多。県内の感染確認は2099人となった。

県は13日、対策本部会議を開催。コロナ患者を原則入院としていた対応を変更し、中等症以上か、重症化リスクのある患者の入院を優先すると決めた。

丸山達也知事は会議後、「年末年始や(8~10日の)3連休で、県外との往来が多かった影響が出たと受け止めている」と述べた。