浪速風

競争の場は公平に

大事なのは公平かどうかである。オミクロン株の感染急拡大を受けて政府が表明した大学入学共通テストの新型コロナウイルス対策だ。本試験・追試験とも受けられなくなった受験生について、救済措置として、その後の個別試験のみでも合否判定できるよう国公私立大に要請した

▶テストは15日から始まる。あまりに急でとまどう声も少なくない。第一、その成績で次の個別試験に進む受験生を絞り込む選抜方法をとる大学も多いのだ。受験機会の公平性と、試験そのものの公平性と、双方が損なわれないようにしなければならない

▶連想したのはテニスの全豪オープンを前に大会4連覇をめざすノバク・ジョコビッチ選手が入国を拒否された問題である。ワクチン接種義務をめぐっての議論だが、ここで問われたのも公平さだった。現実の社会ではなかなか皆が「平等」とはいかないものである。だからこそ受験にしろ試合にしろ競争の場は公平であってほしい。