NHK会長が不適切字幕を陳謝「チェック機能不十分」

NHKの前田晃伸会長(代表撮影)
NHKの前田晃伸会長(代表撮影)

NHKの前田晃伸会長は13日の定例記者会見で、昨年12月放送のBS1スペシャル「河瀬直美が見つめた東京五輪」で不適切な内容の字幕を付けた問題について「河瀬さんら映画関係者、視聴者の方々に改めておわび申し上げる。チェック機能が十分働かなかったのが大きな問題だ」と陳謝した。

番組では、取材対象の男性が五輪反対デモに金をもらって動員されたとする字幕を、事実確認をしないまま付けて放送した。前田会長は「不確かな事実をそのまま字幕にすることは、あってはならない」と話した。