習近平総書記「3期目続投決まる」 林外相が見通し

中国の習近平国家主席(新華社=共同)
中国の習近平国家主席(新華社=共同)

林芳正外相は13日、日本記者クラブ主催の記者会見で「秋の中国共産党大会で、おそらく習近平総書記の3期目の続投が決まる」と述べた。昨年11月には中国共産党第19期中央委員会第6回総会が習氏の功績を称(たた)える決議を採択して習氏の3期目突入が確実となっており、こうした情勢を踏まえた発言とみられる。

林氏は自身の訪中については「まだ何も決まったことがない」と述べるにとどめた。対中外交に関しては同盟国の米国との連携が重要との認識を示した上で「中国という課題については常に議論になっているといっても過言ではない」と説明した。