3回目接種、一般も「7カ月」に短縮 3月から

官邸を出る後藤茂之厚労相=13日午後、首相官邸(矢島康弘撮影)
官邸を出る後藤茂之厚労相=13日午後、首相官邸(矢島康弘撮影)

後藤茂之厚生労働相は13日、記者団に対し、新型コロナウイルスワクチンの3回目の接種について、64歳以下の一般の人は、2回目の接種からの間隔を従来の8カ月から7カ月へと1カ月前倒しする方針を明らかにした。一般の高齢者に対しても、これまでの7カ月から6カ月に短縮し、いずれも3月からの実施を可能とする。