全国のコロナ感染1万8674人 今年最多、11県も更新

国立感染症研究所が分離した、新型コロナウイルスのオミクロン株の電子顕微鏡写真(同研究所提供)
国立感染症研究所が分離した、新型コロナウイルスのオミクロン株の電子顕微鏡写真(同研究所提供)

国内で13日、新たに1万8674人の新型コロナウイルス感染者が確認された。1万人を超えるのは2日連続。12日の1万3244人を超えて今年最多となった。1万5千人を上回るのは昨年9月4日以来。

今年に入り、新たな変異株「オミクロン株」の影響が鮮明となっている。都道府県別のコロナ感染者は東京3124人、大阪2452人、沖縄1817人、愛知1036人など。新潟、福井、長野、滋賀、和歌山、島根、広島、山口、愛媛、長崎、沖縄の11県は過去最多を更新した。

新変異株「オミクロン株」の感染者は秋田と佐賀でも報告され、これで全都道府県での感染が確認された。

死者は広島で2人、千葉と東京で各1人の報告があった。千葉の死者は90歳以上の女性でオミクロン株感染の疑いがあり、ゲノム解析中。

厚生労働省によると、全国の重症者は125人で前日から20人増えた。