check!ラジオ大阪

司馬作品「京の剣客」 福山潤が朗読

「京の剣客」の朗読に挑戦する、福山潤
「京の剣客」の朗読に挑戦する、福山潤

「川口技研プレゼンツ 司馬遼太郎短篇傑作選」(ラジオ大阪・TBSラジオ 毎週土曜18時~)は、司馬遼太郎の遺した傑作短篇作品を、いま話題の人気声優の朗読で送る番組です。

2012年10月よりラジオ大阪とTBSラジオの2局で同時放送中のこの番組は、昨年10月に10期(SEASON 10)を迎えました。今期も総勢8名の役者が1人1作品ずつ、計8作品の朗読に挑みます。

1月8日(土)より放送を開始した第10期三作目は「京の剣客」。朗読を担当するのは当番組3回目の出演となる福山潤。人気アニメ等に多数出演するほか、アーティスト活動でも注目を集めています。2月12日(土)まで全6回の放送です。

番組は、ラジオ(AM・FM)のほか、民放ラジオ局の番組をインターネット配信する「radiko(ラジコ)」で、パソコンやスマートフォンで聴くことができます。radikoでは、放送終了後1週間聴くことができる「タイムフリー」で、時間にとらわれず楽しむことができます。「radiko ラジオ大阪 司馬遼太郎」と検索し、お聴きください。


【「京の剣客」作品あらすじ】

物語の主人公は吉岡源左衛門直綱(吉岡憲法)。室町将軍家の「御兵法所」とされた京の吉岡家の、四代目当主である。

憲法まで至る百八十年、京流の兵法家として一度も他流にやぶれたことがない吉岡家。これを撃ちたおして剣名をあげ道をひらこうとする立身出世の亡者が、毎月、道場の門をたたいた。

憲法には弟の又市郎がおり、幼いうちからこれをしごいた。又市郎の腕は上達したが次第に手合わせをしなくなり、道場にも顔を出さなくなった。やがて世間では吉岡家の当主は、又市郎と見られるようになっていく。

そんなある日、ひとりの男が道場の門をたたく。男は名を宮本武蔵といった――。


【福山潤コメント】

<作品について感じたこと>

吉岡家の兄弟。家と兵法に対するそれぞれの矜持。そして宮本武蔵。

吉岡一門と宮本武蔵との闘いは有名で知っている気になって読み進めていくうちに、自分の知っている吉岡と宮本の対決は宮本伊織の残したものしか知らなかったことが、逆にこの短篇へより強く引き込まれ、面白く拝見することが出来ました。

<読んでみて感じたこと>