イランなど国連投票権失う 総会、分担金滞納で

国連本部=米ニューヨーク
国連本部=米ニューヨーク

国連のグテレス事務総長は12日、国連の分担金滞納が続いているとして、イランやベネズエラ、スーダンなど8カ国が国連総会での投票権を喪失すると総会議長に通知した。AP通信が伝えた。

滞納額が過去2年分の分担金と同額以上にふくらんだ場合、投票権を失うという。グテレス氏の通知をもって即時発効するが、権利は必要額の支払いが行われた段階で回復する。

イランは昨年1月にも同様に投票権を失ったが、支払いを実施し同6月に権利を回復した。国連分担金を巡っては滞納する国が多く、国連は慢性的な財政難に悩まされている。(共同)