男児虐待死受け市が報告書 事件前に担当者一斉交代

大阪府摂津市の集合住宅で昨年8月、住人の新村桜利斗(おりと)ちゃん(3)が熱湯をかけられ死亡した事件で、市は12日、桜利斗ちゃんや家庭への対応を検証した報告書を公表した。支援を担っていた職員らが事件前の4月に人事異動などで一斉に交代していたといい、「できる限り避けるべき」だったと結論づけた。

母親と交際相手、松原拓海(たくみ)被告(24)=殺人などの罪で起訴、桜利斗ちゃんの3人は昨年5月ごろに同居を始め、市には関係者らから虐待を疑う通報が複数回寄せられていたが防げなかった。

市によると、虐待防止と子育て支援を担う市職員2人が人事異動などで担当を外れ、同時期に桜利斗ちゃんの見守りを続けていた保育所の保育士の交代と重なった。報告書は「人事異動があったとしてもカバーできる体制づくりが必要」と指摘した。