ダム湖底で「大吟醸」熟成 大阪、ふるさと納税返納に

湖底に貯蔵する地酒を準備する蔵元(左端)ら=13日午前、大阪府河内長野市の府営滝畑ダム湖
湖底に貯蔵する地酒を準備する蔵元(左端)ら=13日午前、大阪府河内長野市の府営滝畑ダム湖

ふるさと納税返礼品に使う熟成酒を造るため、大阪府河内長野市の蔵元「西條」と市職員らが13日、府営滝畑ダムの湖底に地酒40本を沈めた。5月下旬まで熟成させる。今年はダム供用開始40周年を迎えることから、例年より高級な天野酒「大吟醸無濾過」(720ミリリットル)を使用した。

地域振興につなげようと官民連携プロジェクトとして2017年貯蔵分から毎年取り組んでいる。例年は天野酒「純米吟醸無濾過生原酒」を120本沈めるが、今年は本数を絞った。ラベルも40周年などを記した特別仕様にする。返礼品の対象は1万5千円以上の納税者。

湖に地酒を沈める蔵元と市職員ら=13日午前、大阪府河内長野市の府営滝畑ダム湖
湖に地酒を沈める蔵元と市職員ら=13日午前、大阪府河内長野市の府営滝畑ダム湖

蔵主の西條陽三さん(57)は「水深約20メートルの湖底は水温7度で、水流も穏やかなど酒貯蔵に適していて、酒の味がまろやかになる」と話した。