「塩漬け」市有地をホテルに オープンスペース併設

ホテル事業が計画されている和歌山県田辺市の市有地=同市高雄
ホテル事業が計画されている和歌山県田辺市の市有地=同市高雄

未利用のまま27年間、「塩漬け」となっていた約4千平方メートルの和歌山県田辺市の市有地(同市高雄)をホテルとする計画について、市は、活用計画案を市ホームページで公表した。この中で、誰もが自由に使えるオープンスペースを確保するというホテルとしては異例の条件が示された。案に対する市民らの意見を募った上で、今年3月までに計画を策定。4月に事業を担う民間業者を募集する予定。

民間を対象に、活用方法と、運営業者を別々に募集する方式がとられ、まず昨年9月の1カ月間、活用方法を公募し、ホテル事業とする方針を決定。これを受け、市が有識者による検討委員会の意見を聞いた上で、たたき台となる活用計画案をまとめた。

活用計画案では整備条件として、ホテル事業を旅館を含むと解釈してホテルと旅館とした上で、「地域住民の憩いの場や、地域活動などに活用できるオープンスペースを確保すること」と明記。ホテルの建物内か建物外かは記述していないが、市によると、公園のように誰もが無料で自由に活用できるスペースという。

この土地は「旧国鉄田辺駅宿舎跡地」で、市が平成6年3月、将来の駅前再開発などを想定して国鉄清算事業団から約4億2960万円で購入したが、未利用のまま。これまで地元町内会が管理し、行事にも使用しており、市が「地域住民が使えるスペースを残したい」として条件にオープンスペースを入れた。

一方、中心市街地活性化も整備条件に入れられ、「中心市街地の活性化に寄与できる提案を1つ以上盛り込むこと」と記述。このほか、「延べ床面積3千平方メートル以内」「会議室を確保すること」などの条件もある。

市民らの意見は「パブリックコメント」として2月4日まで、メールなどで募集する。問い合わせは市都市計画課(0739・26・9937)へ。(張英壽)