英首相、パーティーで謝罪 コロナ規制下、政権に打撃

ジョンソン英首相(ロイター=共同)
ジョンソン英首相(ロイター=共同)

ジョンソン英首相は12日の下院審議で、新型コロナウイルスの流行で英国がロックダウン(都市封鎖)下にあった2020年5月に首相官邸の庭でパーティーが開かれた疑惑を巡り、自身も参加したことを初めて認めた上で謝罪した。野党からの辞任要求は拒んだものの、政権にとって大きな打撃となる。

パーティーでなく「職務上の行事」だと思っていたと弁解したが、与党内から批判が出ているほか、厳しい規制を課されてきた国民の間でも辞任を求める声が高まっている。

問題の集まりは20年5月20日夜に行われた。ジョンソン氏は、官邸の職員らに感謝の言葉を述べるため、仕事の合間に30分ほど参加したと説明。「規制に従っていたとしても多くの国民はそのように見ていないだろう」とし「今思えば別の方法で謝意を伝えるべきだった」と語った。(共同)