ワクチン未接種者に課税を カナダ州首相

カナダ東部ケベック州のレガルト首相は11日、新型コロナウイルスの感染急拡大を受けて、ワクチンの未接種者に「健康税」を課すべきだとの考えを表明した。カナダメディアが伝えた。

首相は、未接種者はカナダの医療制度に「極めて重い負荷をかけている」と強調。税負担を求めるのは「道理にかなっている」と述べた。実施時期など具体的内容は明らかにしなかったが、最大100カナダドル(約9200円)程度を課すべきだとの考えを示した。

州衛生当局によると、同州でワクチン未接種なのは接種対象者の1割程度なのに、入院者数の割合では約半数に達している。(共同)