山梨県 コロナ軽症者の「ホームケア」検討へ

山梨県の長崎幸太郎知事は12日の会見で、新型コロナウイルス感染の軽症・無症状者を対象に、自宅で療養する仕組み「ホームケア」の検討を始めると発表した。変異株「オミクロン株」の急激な感染拡大への対応と同時に、今後、コロナと共存する中での医療体制の在り方を再構築する方針だ。

山梨県ではコロナ感染者は医師の診断後、全員が、入院か、宿泊療養施設へ入所する。その後、重症化しないとの医師の判断があり、本人や親族が希望した場合は、自宅で療養を続ける「退所後ケア」も可能で、感染者全員に医療を提供する仕組みをとっている。

しかし、オミクロン株が感染力は強いものの重症化リスクが低いことや、入院やホテルなどでの宿泊療養で心理的負担を受ける感染者もいることから、医師の診断で軽症と判断された場合にホームケアとして自宅で療養できるようにする仕組みを新たに設ける方針を決めた。判断の基準や緊急時の対応、患者の健康観察、搬送体制などの調整が必要だとしており、専門部署を設置し、制度設計を進めていく。