米メタ社、ワクチン追加接種義務付け オフィス復帰で従業員に

「メタ」のロゴ(ロイター)
「メタ」のロゴ(ロイター)

米IT大手メタ(旧フェイスブック)が米国のオフィスに出社する従業員に対し、新型コロナウイルスワクチンの追加接種を義務付けることが11日、分かった。米メディアが報じた。出社の全面再開はこれまで1月末を予定していたが、3月28日に延期した。米国で感染者が急増しているため、感染防止策をさらに強める。

メタはオフィスに出社する従業員に対し完全なワクチン接種を義務付けるとしていたが、追加接種も必要と変更した。希望者は在宅勤務を将来にわたって続けることも可能で、出社再開を希望するものの不安があるという従業員は一時的に在宅勤務を延長することもできる。3月中旬までに働き方を決定する必要があるという。

米国では追加接種を従業員に求める動きが出ており、米金融大手のゴールドマン・サックスも出社に追加接種を義務付けることが明らかになっている。(共同)