トヨタ、世界販売首位確実 2年連続、VW上回る 21年

トヨタ自動車のロゴ(佐藤徳昭撮影)
トヨタ自動車のロゴ(佐藤徳昭撮影)

トヨタ自動車の2021年の世界販売台数が2年連続で世界一となったことが12日、確実になった。ライバルのドイツの自動車大手フォルクスワーゲン(VW)が同日発表した21年の世界販売台数は、前年比4・5%減の888万2千台となり、トヨタが1~11月に世界で販売した約956万台を下回った。

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大の影響で部品の供給網が混乱する中、影響が比較的小さかったトヨタが世界販売首位を維持する。トヨタの台数はグループ内のダイハツ工業と日野自動車を含んでいる。

VWの販売実績を市場別に見ると、お膝元の西欧が2・7%減の286万400台。主力の中国は14・1%減の330万4800台となった。電気自動車(EV)は45万2900台とほぼ倍増。プラグインハイブリッド車(PHV)は6割増の30万9500台を記録した。(共同)