北朝鮮ミサイルはマッハ10、北へ変則軌道 防衛相

岸信夫防衛相(右)
岸信夫防衛相(右)

岸信夫防衛相は12日午前、北朝鮮が11日に発射したミサイルについて、変則軌道を描きながら最高速度マッハ10で飛んだとの分析結果を明らかにした。事実上、北朝鮮が極超音速ミサイルを発射したとの認識を示したことになる。防衛省で記者団に語った。

岸氏によると、北朝鮮が11日に発射したミサイルは1発で、通常の弾道ミサイルより低い最高高度約50キロで飛翔(ひしょう)。北方向に水平移動する変則軌道を描き、日本の排他的経済水域(EEZ)外の日本海海上に落下した。政府は飛距離を700キロ未満としていたが、岸氏は「これ以上に及ぶ可能性がある」と説明した。

一方、ミサイルが極超音速ミサイルだった可能性について問われ、岸氏は「通常の弾道ミサイルでもマッハ5を超える速度で飛翔するものは一般に存在する。現時点で確たることを申し上げることは差し控えたい」と述べた。

岸氏はまた、北京の大使館ルートで北朝鮮側に抗議したことも明らかにした。その上で「北朝鮮による核・ミサイル技術の著しい発展はわが国、地域の安全保障にとって看過できない。いわゆる敵基地攻撃能力の保有も含め、あらゆる選択肢を検討し、防衛力の抜本的な強化に取り組んでまいる」と強調した。