松野官房長官、感染急拡大を覚悟 入退院基準の知見集約急ぐ

会見する松野博一官房長官=12日午後、首相官邸(矢島康弘撮影)
会見する松野博一官房長官=12日午後、首相官邸(矢島康弘撮影)

松野博一官房長官は12日の記者会見で、新型コロナウイルスの新規感染者数の増加に強い危機感を示した。新たな変異株「オミクロン株」への置き換わりが進む地域もあるとして「感染拡大が急速に進むことを覚悟しなければならない」と表明。医療逼迫(ひっぱく)を防ぐため、入退院基準の見直しに向けて科学的知見の集約を急ぐ方針を示した。

東京都、大阪府を含め現時点で「蔓延(まんえん)防止等重点措置」の追加要請はないとした上で「強い緊張感を持って状況把握に努め、自治体や専門家と連携して適切に対応したい」と述べた。