大阪知事 オミクロン株濃厚接触者の隔離「潜伏期間に合わせ短縮を」

吉村洋文大阪府知事=12日午後、府庁
吉村洋文大阪府知事=12日午後、府庁

大阪府の吉村洋文知事は12日に開かれた全国知事会の新型コロナウイルス対策本部のオンライン会議に出席し、新変異株「オミクロン株」感染者の濃厚接触者の隔離期間について、国が現在の14日間から短縮すべきだと改めて訴えた。

吉村氏は、濃厚接触者となった医療従事者が出勤できない事態を念頭に「重症者が病床からあふれる前に重要な社会インフラが成り立たなくなる可能性がある。(3日間程度とされる)潜伏期間に合わせ、科学的根拠に基づく短縮をお願いしたい」と述べた。

同時に感染者の退院基準にも言及。ワクチン未接種者はPCR検査で2回の陰性確認が必要となっている運用について、オミクロン株の感染急拡大に伴い医療逼迫(ひっぱく)の懸念があるとして見直すよう求めた。