立民・西村幹事長、皇位継承「課題先延ばし」と批判

立憲民主党の西村智奈美幹事長
立憲民主党の西村智奈美幹事長

立憲民主党の西村智奈美幹事長は12日の記者会見で、政府が安定的な皇位継承策などを議論した政府有識者会議の報告書を伝えたことを受け、「先延ばしできないはずの課題をさらに先延ばしする内容で、国会が付帯決議で求めたものとは全く異なる」と批判し、党の検討委員会で考えをまとめる方針を示した。

委員長である野田佳彦元首相が首相在任中に女性宮家創設を検討したことを念頭に「メンバーの中には一定の思いがある。その方向で議論が進むと思っている」と語った。