山際担当相、ワクチン・検査パッケージ「3回目接種条件に」

山際大志郎新型コロナ対策担当相
山際大志郎新型コロナ対策担当相

山際大志郎経済再生担当相は12日、日本記者クラブで記者会見し、新型コロナウイルスワクチンの2回接種などを条件に行動制限を緩和する「ワクチン・検査パッケージ」に関し、3回目接種を運用条件に加えることも含めて見直す可能性に言及した。

山際氏は新たな変異株「オミクロン株」は感染力が強く、ワクチンを2回目接種した後でも感染する一方、3回目接種した場合には発症予防効果があるとの科学的知見があると指摘。「3回目接種をもって『ワクチンを接種した』というふうにしていくこともあるかもしれない」と述べ、制度の見直しで実効性を高めるべきだとの考えを示した。

一方、岸田文雄政権での原子力政策については「原子力発電そのものはきちんと利活用していくというのが基本的な考え方だ。方向性としては原子力は使っていくのは間違いがない」と語った。具体的な考え方は今夏ごろまでに示すことになると説明した。