北発射ミサイルは「極超音速」、MD突破の脅威現実味

岸信夫防衛相は12日、北朝鮮が11日に発射したミサイルについて、変則軌道を描きながら最高速度マッハ10で飛んだとの分析を明らかにした。事実上、北朝鮮が極超音速ミサイルを発射したとの認識を示したことになる。防衛省で記者団に語った。極超音速ミサイルは日本のミサイル防衛(MD)で迎撃困難とされ、北朝鮮の脅威が現実に迫っていることを如実に示した。

北朝鮮が11日に発射したミサイルは1発で通常の弾道ミサイルより低い最高高度約50キロで飛翔(ひしょう)、日本の排他的経済水域(EEZ)外の日本海海上に落下した。政府は飛距離を700キロ未満としていたが、岸氏は「これ以上に及ぶ可能性がある」と説明した。

岸氏は北方向に水平移動する変則軌道を描いた可能性にも言及。北朝鮮の弾道ミサイルで上下方向の変則的な動きはこれまでにも確認されていたが、水平方向の軌道変化に日本政府が言及したのは初めてだ。

一方、北朝鮮はミサイルが約1000キロ飛翔し、標的に命中したとの認識を示した。仮に北朝鮮東岸から日本に向けて発射した場合、首都圏をうかがう距離となる。北朝鮮のほか、ロシアや中国などが先行する極超音速滑空兵器(HGV)などの脅威に現状のMDはどう対応するのか。

発射段階では米軍が保有する早期警戒衛星で探知可能だが、追尾はできない。高度100キロ以上の宇宙空間に達する通常の弾道ミサイルに比べて最高高度が低く、自衛隊が運用する地上警戒管制レーダーでは捉えにくいためだ。

迎撃も難しい。日本のMD第1段階は洋上のイージス艦に配備された迎撃ミサイルSM3だが、弾道ミサイルが100キロ以上の最高高度に達する「ミッドコース」での迎撃を想定。最終的には、MD第2段階で落下してくるミサイルを地上から地対空誘導弾パトリオット(PAC3)で迎え撃つが、配備されているのは28カ所でカバーの範囲外を狙われれば手が打てない。

今回のミサイルは飛翔中に進行方向左側へ水平移動したとみられる。防衛省の担当者は一般論と前置きしつつ「野球のカーブボールと同様、カーブするほど打ちにくくなる。極超音速兵器は速さが注目されがちだが、対処の上では高度と軌道の方が問題だ」と話す。

米軍は現在、低高度の巡航ミサイルを迎撃可能なSM6を開発中だが、日米とも配備には至っていない。新たな対処力を備えるか、報復可能性を示すことで相手に攻撃を躊躇(ちゅうちょ)させる敵基地攻撃能力などの抑止力を保有するか、検討が急務だ。

(市岡豊大)