大リーグ労使交渉は13日にも開催 MLB側が新提案用意

労使が決裂する米大リーグで機構(MLB)と選手会が13日にビデオ会議による交渉を行うと11日、AP通信が報じた。MLB側は新たな提案を用意しているという。予定通り3月31日に開幕するには、同5日までをめどに新労使協定を締結する必要があると伝えた。

昨年12月初めに労使に絡む活動が止まるロックアウトに突入。その後も交渉は持たれたが、決裂の要因となった収益分配の見直しやフリーエージェント(FA)の権利取得条件など主要な議題は双方に隔たりがある。

選手会は年俸総額が規定額を超えた球団に発生する課徴金(ぜいたく税)の規定を2億1000万ドル(約242億円)から2億4500万ドルへの引き上げを求め、MLB側は2億1400万ドルを主張している。

ロックアウトにより、プロ野球広島からポスティングシステムでのメジャー入りを目指す鈴木誠也外野手やマリナーズからFAになった菊池雄星投手の移籍交渉も止まっている。(共同)