偽作版画制作で元画商の男に懲役3年求刑 東京地裁

東京地裁が入る建物(今野顕撮影)
東京地裁が入る建物(今野顕撮影)

有名画家の偽版画が大量に流通した事件で、偽作を制作、販売したとして著作権法違反罪に問われた元画商、加藤雄三被告(53)の初公判が12日、東京地裁(小林謙介裁判長)で開かれた。被告は起訴内容を認め、検察側は懲役3年罰金200万円を求刑。弁護側は執行猶予付きの判決を求め、即日結審した。判決は3月9日。

検察側は、被告が平成20年7月ごろから知人の版画工房経営者に偽作の制作を繰り返し依頼しており「常習的で犯行を主導し、約3200万円を売り上げていた」と指摘。弁護側は「真摯(しんし)な反省のもと、被害弁償に努めている」などと情状酌量を求めた。

起訴状などによると、被告は29年1月~令和2年7月、著作権者の許諾なく日本画の巨匠、東山魁夷(かいい)の「白馬の森」など5作品7点を複製し、偽作版画2点を販売したとしている。