献金記載「支援なくなる」 元農相、鶏卵汚職公判

吉川貴盛被告
吉川貴盛被告

鶏卵生産大手「アキタフーズ」グループの秋田善祺元代表(88)=贈賄罪などで有罪確定=から現金計500万円を受け取ったとして、収賄罪に問われた元農相、吉川貴盛被告(71)は12日、東京地裁の被告人質問で、現金は賄賂ではなく政治献金だったとの認識を改めて示した。元代表が収支報告書への記載を望んでおらず「記載すれば、元代表にパーティー券を買ってもらえなくなると思った」と述べた。

吉川元農相は現金を渡される際、秋田元代表から「ポケットマネーだから何もしなくていい」などといわれたと説明。「いつか返金しようと思っていたができず、人生の中で最大の不徳の致すところだ」と話した。

起訴状によると、業界に便宜を図ってもらいたいとの趣旨を知りながら、平成30年11月~令和元年8月、大臣室などで秋田元代表から計500万円を受け取ったとしている。