18歳以上の3回目が対象 自衛隊接種、モデルナ使用

モデルナ製ワクチン
モデルナ製ワクチン

防衛省は12日、再び開設する自衛隊運営の新型コロナウイルスワクチンの大規模接種センターに関し、18歳以上の3回目接種を対象とし、米モデルナ製を使用すると決めた。居住地による制限は設けず、全国から受け付ける方向。前回同様、設置場所は東京と大阪を軸に検討しており、来週初めにも具体的な場所や開設時期などを明らかにする。

防衛省によると、予約方法も昨年を踏襲し、同省ホームページなどを通じた方法になる見通し。

12日は接種推進本部の初会合を開催。本部長の鬼木誠防衛副大臣は「自治体のワクチン接種を後押ししたい。スピード感をもって必要な準備を実施する」と述べた。