バスケット女子Wリーグ6試合を中止

バスケットボール女子のWリーグは11日、新型コロナウイルス感染の影響で、15、16日に予定されていた三菱電機―ENEOS、山梨―アイシン、富士通―デンソーの3カード計6試合を中止にすると発表した。代替試合の有無は未定。

富士通やアイシンの選手らがPCR検査で陽性と判定された。三菱電機の選手らは濃厚接触者とされる可能性があるという。