水没アーチの撤去開始 和歌山市の水管橋崩落

水没したアーチ部分の撤去作業=和歌山市
水没したアーチ部分の撤去作業=和歌山市

和歌山市の紀の川に架かる「六十谷(むそた)水管橋」が崩落し、大規模断水が発生した問題で、市は、水没したアーチ部分の撤去を始めた。12日に撤去作業を報道関係者に公開した。すでに橋の本復旧に向けた工事も進めており、今年6月中旬までの完了を目指している。

橋は、上部にある7つのアーチ部分で下部の水道管部分を吊り下げる構造。昨年10月3日、中央部分が突然崩落し、川に水没した。

沈んだアーチ部分を切断した上で12日、クレーンで回収する作業を公開した。今後は崩落した水道管部分の撤去も進めていく。

市では専門家らでつくる調査委員会も開催し、回収したアーチ部分の破断状況なども確認して崩落の原因を解明する方針。

市の計画では、7つのアーチのうち、崩落した部分と両側を含む3つのアーチを架け替え、残り4つのアーチは補修して本復旧を目指す。