障害者施設抜け出し死亡 男性入所者、重大事故報告

山形県内の障害者支援施設に入所していた知的障害のある50代男性が、昨年10月に施設を抜け出して行方不明となり、周辺で死亡していたことが12日、県への取材で分かった。施設のドアのほとんどが無施錠だったという。施設がある自治体は安全対策が不十分だったとして、消費者庁に重大事故として報告した。

県は、施設の特定につながるとして、自治体名を公表していない。

県によると、昨年10月12日深夜、男性は行方不明になった。無施錠の場所から外に出たとみられる。職員や警察が付近を捜索したが見つからず、施設から約100メートル離れた場所には、脱ぎ捨てられたパジャマがあり、男性の名前が書かれていた。その後11月下旬ごろ、施設から約1キロ離れた川の護岸工事現場で、全裸で死亡しているのが発見された。

施設側は再発防止策として、ドアセンサーシステムの導入や施錠確認の徹底、仮設フェンスの設置などの対応を行った。