照富4連勝、宇良は善戦 正代は星拾う、御嶽4連勝

○照ノ富士(つきたおし)宇良●=両国国技館(撮影・佐藤徳昭)
○照ノ富士(つきたおし)宇良●=両国国技館(撮影・佐藤徳昭)

大相撲初場所4日目は12日、両国国技館で行われ、3場所連続優勝を目指す横綱照ノ富士は善戦の宇良を突き倒し、4連勝とした。大関正代は若隆景の勇み足で星を拾って3勝目。大関貴景勝は右足首の負傷で休場した。

両関脇は大関昇進の足固めを狙う御嶽海が取り直しの末、小結明生を押し出して4連勝。隆の勝は遠藤に下手投げで敗れて星が五分に戻った。明生も2勝2敗。

全勝は照ノ富士、御嶽海のほか、平幕の阿武咲、阿炎、妙義龍の計5人となった。