日医会長、オミクロン株「楽観視すべきではない」

日本医師会の中川俊男会長
日本医師会の中川俊男会長

日本医師会(日医)の中川俊男会長は12日の記者会見で、新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」に関し「重症化しにくいとしても、今の時点で楽観視すべきではない」と注意を呼び掛けた。感染者の増加が続けば医療が逼迫(ひっぱく)する恐れがあるとし、ワクチンの追加接種の加速を政府に求めた。

追加接種が先行する欧米でも医療が逼迫しており、日本ではより深刻な状況に陥る可能性があると指摘。接種に携わる医療機関から「ワクチン供給の先行きに不安の声が上がっている」とし、供給日程をきめ細かく周知するよう政府に求めた。