公明がコロナ対策緊急提言を首相に提出

岸田文雄首相に提言申し入れを行う公明党の新型コロナウイルス感染症対策本部の石井啓一本部長(左)=12日午前、首相官邸(矢島康弘撮影)
岸田文雄首相に提言申し入れを行う公明党の新型コロナウイルス感染症対策本部の石井啓一本部長(左)=12日午前、首相官邸(矢島康弘撮影)

岸田文雄首相は12日、公明党の石井啓一幹事長と首相官邸で面会し、新型コロナウイルスに関する緊急提言を受け取った。提言は、変異株「オミクロン株」への対応が柱で、陽性者や濃厚接触者の待機・隔離日数の見直しなどを盛り込んだ。首相は、オミクロン株の発症までの期間が従来と比べて短いことや重症化の可能性も低いとする専門家の意見を挙げ、「特性に応じた対応を検討していきたい」と述べた。

石井氏が面会後、記者団に明らかにした。